TOP > サービス関連の海外動向 > 中国のサービス産業の振興政策

中国のサービス産業の振興政策

中国は2005年9月に「第11次5ヶ年計画」で生産者向けのサービス業(交通・運輸業、物流業、金融サービス業、情報サービス業、ビジネスサービス業)を強力に発展させることを発表した。

消費者向けのサービス業(商業貿易、不動産業、旅行業、公共事業、コミュニティサービス、スポーツ産業)についても発展させる必要が述べられた。

そして、「独占を打破し、透明・平等で規範化された」参入許認可制度を設立することも述べられた。

急速に世界の工場としての位置が確立した中国であるが、さらなる発展途上国の追撃が起きており、今後、サービス業の発展を上位に置き、サービス経済を主とする産業構造を構築する必要も認識されている。

関連記事


[オススメ記事]サービスはどのように研究されてきたか?
[オススメ記事]韓国のサービス産業の振興政策
TOP > サービス関連の海外動向 > 中国のサービス産業の振興政策

●本サイトについて

サービスサイエンスネット」はサービス経営サービスイノベーションサービスサイエンスについてまとめたサイトです。

サービス経営、サービスサイエンス(SSME)、そしてサービスイノベーションは日本の産業構造変化のキーファクターです。サービス経営はサービスサイエンスで、効率性・生産性の高いサービス産業を創出していくことが必要です。

サービスサイエンスネット::中国のサービス産業の振興政策に掲載されている情報は、あくまで一般的な知識であり、事情によって異なる見解があるかもしれません。不明な点がある場合は専門家の見解を得てください。ご利用の際は自己責任でお願いいたします。