TOP > サービス産業 > 経済産業省「新産業創造戦略」

経済産業省「新産業創造戦略」

経済産業省は「新産業創造戦略」における「重点サービス分野」として

(1)コンテンツ
(2)健康・福祉・機器・サービス
(3)ビジネス支援サービス
(4)観光・集客交流サービス
(5)環境・エネルギー・機器・サービス

を指摘しました。

さらに、経済産業省は「経済成長戦略大綱(平成19年6月19日)」を発表し、サービス産業の強化として

(1)サービス産業のイノベーションと生産性改革のための体制整備
(2)サービス産業の生産性向上のための具体的アクションとプラン
(3)今後発展が期待される重点サービス6分野への政策の重点化

を提言しています。2015年までに、70兆円の市場規模拡大を目指しています。

関連記事


[オススメ記事]米国のサービス産業の振興政策
[オススメ記事]神戸流通科学大学サービス産業学部
TOP > サービス産業 > 経済産業省「新産業創造戦略」

●本サイトについて

サービスサイエンスネット」はサービス経営サービスイノベーションサービスサイエンスについてまとめたサイトです。

サービス経営、サービスサイエンス(SSME)、そしてサービスイノベーションは日本の産業構造変化のキーファクターです。サービス経営はサービスサイエンスで、効率性・生産性の高いサービス産業を創出していくことが必要です。

サービスサイエンスネット::経済産業省「新産業創造戦略」に掲載されている情報は、あくまで一般的な知識であり、事情によって異なる見解があるかもしれません。不明な点がある場合は専門家の見解を得てください。ご利用の際は自己責任でお願いいたします。